新型コロナウイルス感染症関連の無利子・無担保融資について

新型コロナウイルス感染症に関連して、「無利子・無担保融資」の受付が2020年3月17日から開始されました。

「無利子・無担保融資」は、「新型コロナウイルス感染症特別貸付」および「危機対応融資」に「特別利子補給制度」を併用することで実質的に無利子で資金調達ができるというものです。

言い換えると、低利の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」および「危機対応融資」によって資金を調達し、要件を満たす方が利用できる「特別利子補給制度」を活用することで実質的に無利子で融資を受けることができるというものです。

「新型コロナウイルス感染症特別貸付」は日本政策金融公庫等の融資制度、「危機対応融資」は商工中金の融資制度、「特別利子補給制度」は政府の制度です。

日本政策金融公庫等の融資制度には、次の3つがあります。

  • 国民生活事業
    個人企業や小規模企業向けの融資
  • 中小企業事業
    中小企業向けの長期事業資金の融資
  • 農林水産事業
    農林漁業や国産農林水産物を取り扱う加工流通分野の長期事業資金の融資

以下で出てくる中小事業とは中小企業事業、国民事業とは国民生活事業のことです。

■新型コロナウイルス感染症特別貸付

新型コロナウイルス感染症による影響を受け、売上が下がっている事業者(フリーランスを含みます)が、無担保で融資を受けることができます。

【融資の対象】
利用できるのは、次のいずれかに該当する方です。

  • 最近1カ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少した方
  • 業歴3カ月以上1年1カ月未満の場合は、最近1カ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方
    (1)過去3カ月(最近1カ月を含みます。)の平均売上高
    (2)2019年(令和元年)12月の売上高
    (3)2019年(令和元年)10月から12月の平均売上高

【資金の使いみち】
運転資金、設備資金

【貸付期間】
設備20年以内、運転15年以内(うち据置5年以内)

※据置5年以内というのは、最長で5年間は元金の返済を据え置けるということです。この間は、利子のみ返済します。
その分返済回数が減り、一回当たりの返済額が増えます。

【融資限度額(別枠)】
中小事業3億円、国民事業6,000万円

【金利】
金利は、最初の3年間は基準金利から0.9%引かれます。
4年目からは0.9%の引き下げはなくなります。
中小事業1.11%→0.21%、国民事業1.36%→0.46%
(利下げ限度額:中小事業1億円、国民事業3000万円)
※2020年(令和2年)3月2日時点、信用力や担保の有無にかかわらず利率は一律です。

■危機対応融資

新型コロナウイルス感染症による影響を受け業況が悪化した事業者が、無担保で融資を受けることができます。

【融資の対象】
利用できるのは、次のいずれかに該当する方です。

  • 最近1カ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少した方
  • 業歴3カ月以上1年1カ月未満の場合等は、最近1カ月の売上高が、次のいずれかと比較して5%以上減少している方
    a 過去3カ月(最近1カ月を含む。)の平均売上高
    b 令和元年12月の売上高
    c 令和元年10月~12月の売上高平均額

【資金の使いみち】
運転資金、設備資金

【貸付期間】

設備20年以内、運転15年以内(うち据置期間 5年以内)

【融資限度額】3億円

【金利】

当初3年間基準金利▲0.9%、4年目以降基準金利
1.11%→0.21%(利下げ限度額:1億円)
※2020年(令和2年)3月2日時点、信用力や担保の有無にかかわらず利率は一律です。

■特別利子補給制度

新型コロナウイルス感染症特別貸付を利用し、この特別利子補給制度を使うことで実質的に無利子で融資を受けることができます。

【適用対象】
「新型コロナウイルス感染症特別貸付」により借入を行った中小企業者のうち、以下の要件を満たす方
①個人事業主(事業性のあるフリーランス含み、小規模に限る):要件なし
②小規模事業者(法人事業者):売上高▲15%減少
③中小企業者(上記➀➁を除く事業者):売上高▲20%減少

小規模事業者とは、次の要件を満たす事業者です。
・製造業、建設業、運輸業、その他業種は従業員20名以下
・卸売業、小売業、サービス業は従業員5名以下

【利子補給】
・期間:借入後当初3年間
・補給対象上限:中小事業1億円、国民事業3,000万円
※2020年(令和2年)1月29日以降に、日本政策金融公庫等の「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」等経由で借入を行なった方が、上記適用要件を満たす場合には遡って本制度を適用することができます。

新型コロナウイルス無料相談

新型コロナウイルス感染症に関する相談に中小企業支援専門の行政書士がお答えします。

新型コロナウイルス感染症から生じた経営問題であれば、どのようなご相談でも構いません。

無料です。お気軽にどうぞ。