川崎市の新型コロナウイルス感染症の影響に伴う中小企業向けの支援策について

川崎市では、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う市内中小企業向けの災害対策資金「セ-フティネット保証4号」の拡充を行ないます。

災害対策資金(セーフティネット保証4号)

川崎市は、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた中小企業者等の方に、1月30日から融資や経営に関する「経営相談窓口」を設置しています。

災害対策資金の3つのメリット

  • 融資限度額:一般保証枠とは別枠で、2億8,000万円に拡充
  • 融資利率:融資期間により年0.9%~1.6%以内の固定金利
  • 信用保証料:本人負担がゼロ

災害対策資金の内容

災害対策資金(セーフティネット保証4号)の融資限度額を8,000万円から2億8,000万円に拡充を行ないます。
融資利率を融資期間により△0.1%から△0.8%に引下げます。
信用保証料率を全額、市が補助し信用保証料の本人負担をゼロとします。

1.利用できる方

新型コロナウイルス感染症の影響を受け川崎市内で1年間以上継続して事業を行っており、かつ、1か月の売上高等が前年同月比20%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比20%以上減少することが見込まれる中小企業者等の方

2.融資限度額

8,000万円から2億8,000万円に拡充

3.融資期間

運転資金:10年以内 設備資金:10年以内(いずれも据置1年以内を含む。)

4.融資利率

1年以内 年0.9%以内 3年以内 年1.2%以内

5年以内 年1.4%以内 5年超 年1.6%以内

5.信用保証料率(市助成後)

年:0.0%市が全額補助

6.必要書類

川崎市の認定書

7.申込先

川崎市金融課及び中小企業溝口事務所

新型コロナウイルス無料相談

新型コロナウイルス感染症に関する相談に中小企業支援専門の行政書士がお答えします。

新型コロナウイルス感染症から生じた経営問題であれば、どのようなご相談でも構いません。

無料です。お気軽にどうぞ。