横浜市IoT導入スタートアップ補助金について

「横浜市IoT導入スタートアップ補助金」は、中⼩企業が⽣産性向上のために横浜市内の拠点にIoT導⼊のスタートアップ費⽤の1/2(最大10万円)を補助するものです。

補助対象者の主な要件

(1) 設備を設置する拠点が横浜市内にある中小企業であること(個人事業主を除きます)
(2) IoT等の設置によって生産性向上が見込まれること
(3) 申請年度の2月末日までに設置及び実績報告を行うこと
(4) 創業から1年以上経過していること
(5) 申請年度及び過去において本補助金の交付を受けていないこと

補助対象事業

2019年(平成31年)2月28日(木)までに契約、取得、実施及び支払が全て完了した、以下のものが対象です。

  • センサー及びデバイス(設置費用を含います)
  • データを送受信するための装置(設置費用を含みます)
  • ソフトウェア
  • リース料(導入開始年度分のみが対象です)
  • データを蓄積・分析を行うためのクラウド費用
  • コンサルタント委託経費 など

補助率及び補助限度額

補助対象経費の1/2(補助限度額10万円)

申請期間

2018年(平成30年)5月7日(月)~12月27日(木)

詳細は横浜市経済局のホームページ(『横浜市IoT導入スタートアップ補助制度』)をご覧ください。

募集案内はこちらからダウンロードできます。