IT導入補助金について

平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入補助金の公募が開始されました。

IT導入補助金とは

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助するものです。業務の効率化・売上のアップをサポートします。

その目的は、自社の強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図ることにあります。

生産性向上に係る計画の策定や補助金申請手続等について、ITベンダー、サービス事業者、専門家等の支援を得て目的を達成することができる制度です。

補助対象者

 

業種・組織形態 資本金 常勤の従業員数
製造業、建設業、運輸業 3億円 300人
卸売業 1億円 100人
サービス業(ソフトウエア業、情報処理サービス業、旅館業を除く) 5,000万円 100人
小売業 5,000万円 50人
ゴム製品製造業(自動車又は航空機用タイヤ及びチューブ製造業
並びに工業用ベルト製造業を除く)
3億円 900人
ソフトウエア業又は情報処理サービス業 3億円 300人
旅館業 5,000万円 200人
その他の業種(上記以外) 3億円 300人
医療法人、社会福祉法人 100人
特定非営利活動法人(NPO法人) (※1)
企業組合、協業組合など

(※1)特定非営利活動法人は、その主たる業種に記載の資本金・従業員規模以下のもの。

補助対象の経費区分及び補助率、補助上限・下限額

補助対象経費の区分に対して、補助率を乗じて得られた額の合計について、補助上限・下限額の範囲内で補助されます。

補助対象経費区分 ソフトウェア、クラウド利用費、導入関連経費等
補助率 1/2以内
補助上限額・下限額 上限額:50万円 下限額:15万円

申請の流れ

IT導入補助金を申請する流れは、以下の通りです。

事業準備
①IT導入支援事業者へ補助事業に関する問合せ、相談等
交付申請
②ITツールの選定及び導入するITツールの商談、見積もり等の依頼
③交付申請の共同作成及びIT導入支援事業者による代理申請
④交付決定
事業実施
⑤ITツール契約、導入、代金支払い
⑥事業実績報告の共同作成及びIT導入支援事業者による代理申請
⑦補助金確定通知、補助金の交付
アフターフォロー
⑧ITツール導入後のアフターフォロー
⑨事業実施効果報告の共同作成及びIT導入支援事業者による代理申請

申請期間

一次公募 2018年4月20日(金)~2018年6月4日(月)
二次公募 2018年6月中旬~2018年8月上旬<予定>
三次公募 2018年8月中旬~2018年10月上旬<予定>

 

IT導入補助金の詳細についてはこちら