中小企業のための知的資産経営フォーラム2012

こんにちは。神奈川県川崎市の行政書士ひらいし事務所です。

2012年11月12日『中小企業のための知的資産経営フォーラム2012』に参加してきました。

知的資産経営という言葉は知っていましたが、どういうものか分かっていませんでした。恥ずかしながら、知的資産と知的財産の違いも分かっていませんでした。今回フォーラムに参加して分かった気がします。深く理解したとは決して言えませんが。。。

基調講演は、鎌倉シャツ会長の貞末良雄氏でした。私は最近まで鎌倉シャツを知らなかったのですが、お客や取引先をいかに大事にしているかということが伝わってきて、感銘しました。経営者の鑑だなと思いました。
ビジネスマンにとって最大の利益は自分のためだが、商人にとってはお客のためだということを仰っていました。そういう意味では、行政書士も商人なんだなと 思いました。また、一番心に残ったのは、お客の欲求を充足させるのは、サービス(もてなしの精神)が一番だということでした。