農地の転用許可申請

農地を転用するには、農地法に基づいた手続きが必要です

農地とは

農地とは、田や畑、果樹園などの耕作地のことをいいます。田または畑として登記された土地です。

農地の転用とは

農地の転用とは、農地の形状などを変更して住宅、工場、商業施設、道路等にすることや農地の形状を変更せずに資材置場や駐車場など耕作目的以外に使用することをいいます。

農地の転用に必要な手続き

次の場合、原則として農地法による許可または届出が必要です。

  • 自分が所有している農地(田や畑)を転用したい(農地法4条の許可・届出)
  • 売買や賃貸借など、権利移転や権利設定を伴う転用をしたい(農地法5条の許可・届出)

市街化調整区域の農地を転用する場合は、農業委員会の許可が必要です。市街化区域内の農地を転用する場合は、事前に農業委員会に届出をすればOKです。

農地の転用手続きに必要な書類

農地の転用許可申請に必要な書類

農地の転用許可申請に必要な書類は、一般的には次のものです。

状況により異なることがあります。

  • 許可申請書
  • 土地の登記事項証明書
  • 位置図
  • 公図の写し
  • 事業計画書
  • 土地利用計画図
  • 建物を新築する場合には、その立面図と平面図
  • 耕作者の同意書

農地法4条・5条の届出に必要な書類

農地法4条・5条の届出には、以下の書類が必要です。

状況により異なることがあります。

  • 届出書
  • 土地の登記事項証明書
  • 位置図
  • 公図の写し