指定給水装置工事事業者の指定申請

指定給水装置工事事業者の指定とは

指定給水装置工事事業者とは、水道事業者(都道府県や市町村の水道局など)から給水区域内において給水装置工事を適正に施行することができると認められ、その指定を受けた者をいいます。

この指定を受けないと、給水装置の工事をすることができません。

指定給水装置工事事業者の指定を受けるための要件

指定給水装置工事事業者の指定を受けるためには、次の要件をすべて満たしている必要があります。

  • 事業所ごとに、給水装置工事主任技術者(※)として選任されることとなる者を置くものであること。
  • 次に掲げる機械器具を有していること。
    • ・金切りのこその他の管の切断用の機械器具
    • やすり、パイプねじ切り器その他の管の加工用の機械器具
    • トーチランプ、パイプレンチその他の接合用の機械器具
    • 水圧テストポンプ
  • 次のいずれにも該当しない者であること
    • 禁治産者若しくは準禁治産者又は破産者で復権を得ないもの
    • 水道法に違反して、刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者
    • 指定を取り消され、その取消しの日から2年を経過しない者
    • その業務に関し不正又は不誠実な行為をするおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者
    • 法人であって、その役員のうちにイからニまでのいずれかに該当する者があるもの

給水装置工事主任技術者とは

給水装置工事主任技術者試験(国家試験)に合格し、交付申請により厚生労働大臣より給水装置工事主任技術者免状の交付を受けた者をいう。

給水装置工事主任技術者は、給水装置工事事業者が水道事業者から水道法に基づく指定(指定給水装置工事事業者*)を受けるための必須の国家資格である。

(公益財団法人給水工事技術振興財団のホームページより)

指定給水装置工事事業者の指定申請に必要な書類

水道事業者により異なることがあります。下記は、川崎市の場合です。

  • 指定給水装置工事事業者指定申請書
  • 機械器具調書
  • 誓約書
  • 添付書類
    • 法人の場合:登記事項証明書(証明日が3カ月以内のもの)、定款の写し
    • 個人の場合:住民票の写し(証明日が3カ月以内のもの)
    • 法人・個人共通:主任技術者免状又は主任技術者証の写し

川崎市の指定給水装置工事事業者の指定申請はお任せください

川崎市で指定給水装置工事事業者の指定を申請するなら、川崎市の行政書士ひらいし事務所にお任せください。

指定給水装置工事事業者の指定申請代行サービス

指定給水装置工事事業者の指定申請代行サービスの内容

  • 指定給水装置工事事業者の指定申請書等の作成
    指定給水装置工事事業者の指定申請にあたって必要な書類一式を作成します。
  • 申請に添付する各種書類の取得
    個人の「住民票」
    法人の「登記事項証明書」
    書類の取得にあたっての役所での面倒な手続きを当事務所が代行します。
  • 申請書の役所への提出

あなたに行なっていただくこと

  • 申請書類を作成するための情報の提供
  • 当事務所が用意する書類への署名および捺印
  • 法人の定款の写しのご用意 など

指定給水装置工事事業者の指定申請代行サービスの費用

当事務所報酬額(税込) 申請手数料 合計
43,200円 10,000円 53,200円

※当事務所報酬等には、交通費・郵送料・役所に支払う手数料などの実費が含まれております。追加の費用は、発生いたしません。

会社の設立やホームページの開設を考えている方には、お得なセット割もあります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

指定給水装置工事事業者の指定申請代行サービスの対応地域

  • 川崎市麻生区
  • 川崎市多摩区
  • 川崎市宮前区
  • 川崎市高津区

直接お会いしてお話をお聞きするため、対応地域を限定しております。

相談無料

相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。